転職をする時の面接の際に対応してくれる採用担当者は、常にあなたが何で働きたいか不思議に思っています。
彼らは、あなたが正当な理由、すなわちより良い機会、より多くの課題、およびキャリア成長のために転職したい理由を聞きたいと思っています。

もし、あなたがキャリアリンクなどの人材紹介会社や転職エージェントを利用して、転職やキャリアップを目指す時に必ず担当者から現在の仕事の状況や経験、転職動機を聞かれます。それは実際の企業での面接時に採用担当者が不思議に思っているからです。

あなたを面接する採用担当者は、将来パフォーマンスの低下、仕事上の関係の困難、またはあなたの仕事や上司が嫌いなために、あなたが仕事を離れることがないようにしたいでしょう。

なぜあなたが仕事を変えたいのかという質問に答えるときは、悪い仕事の状況から出るのではなく、あなたがキャリア上の理由で動いているという安心感を提供することが重要です。例えば、今の会社で状況や待遇がよくないから転職をしたいと告げるのではないということです。

面接官にあなたが正しい理由であなたの仕事を離れることをアプローチするにはいくつかの方法があります。これについて、ベトナムにある人材紹介会社キャリアリンク(外部リンク)のキャリアコンサルタントのタオさんにお伺いしました。

では、紹介します。

Q.なぜ仕事を転職したいのですか?
これから働きたいと思っている会社について肯定的なことを強調しながら、あなたの興味やスキルにあった仕事である事や会社の理念などへの共感について述べてください。これを述べるには、働きたいと思っている会社について、面接までの間に調べることが重要です。また採用担当者との会話の中で、自らの職務経験が会社へもたらす効果を強調すれば、採用される可能性は増します。

現在の仕事に関しては、決して悪くいうことはよくありません。ただ、これからのキャリア醸成のために転職が必要だということを伝えてください。これは行う良い理由は、より多くの責任を負うように見える新しい仕事が、高い地位を持っていなくても、それが将来のキャリアアドバンスのために飛躍をもたらすと言えると思います。

そして長期的なキャリア目標にあっていることを伝えられれば、より良いと思います。

これらを上手く伝えることができれば採用担当者に対して、あなたが現在の悪い状況から逃げて転職をしたいと考えていたとしても、それが伝わらないでしょう。

なぜなら、グッドな状況からベターな状況に改善しようとしているだけですから。

もちろんのことですが、採用担当者との面談時には、管理職、給与、就労時間数に対して否定的な言及は避けるべきです。もし可能であれば監督者、同僚、顧客との関係を得る際に、いくつかの肯定的な意見を取り入れてください。例えば、キャリア開発のために、あなたに与えた機会を説明したり、クライアントとの特別な経験を話すことも良いです。