艦隊準備協会が主催する感謝祭の食事に参加しました。駅の近くにあるフリート・ホームクラブで行われた食事は、学生が研究からの時間外な休憩を取ったり、遊んだり、プールで遊んだり、自家製の食べ放題のお祝いチョコを楽しむ機会を提供しました。もちろん、南部のおもてなしには、七面鳥、ハム、マッシュポテト、グレービー、オレンジ、クランベリーソース、デザートなどの伝統的な料理が含まれています。

ニュージャージー州ニューアーク出身の19歳のマリン・プライベート・カバ氏は、「感謝祭でここにいる事は、私が初めて帰省していない事で、新しい経験だ」と「しかし、私は自分の人生で何か良いことをしていると知っているので、私の両親は私がいつも一緒にいることができないと理解しています。私は新しい人に出会ったので、大丈夫です。そう、新しい家族のようなものです」と語ります。

退役軍人とVFWによる美味しい食事の提供は、若者の交流が楽しめる機会と、カバは感謝していました。

Marine Private Vu(19歳)とIMRL Asset Managers System(IMRL資産管理者制度)を学ぶことで、休暇をとることができました。特に感謝祭の休暇中に、友好を深めることができるということに感動しました。

「彼らはまだ私たちが十代の若者であることを知っています、私たちはまだ若い大人です。私たちは仕事を勉強しようとしていますが、同時に友人と一緒に楽しむことも楽しいです」とテキサス州ダラスを拠点とするPrivate Vu氏は語っています。

「あなたの兄弟姉妹が皆さんと一緒にいる事は、それは素晴らしいことです。だから、これは素晴らしい経験でした」ボストン出身の海洋PFCプリフト(27)は、家に帰ることができないので、このイベントを高く評価した別の学生です。彼女の仲間のサービスマンや男性の間の同情は、お祝いと同じくらい多くの、豊かな時間であったと彼女は言いました。「それは海兵隊がどのような家族になるかと見る事に役立ちます。」と彼女は述べます。「家族と一緒に家で過ごすことは出来ないが、海兵隊と共に感謝祭を過ごす事はうれしいです。それは、私の一部であるかのように感じさせます。」イベントはフリートリザーブ協会の第6年次の感謝祭でした。過去3年間、VFW Post12124に加えて、アメリカ赤十字の地方支部のボランティアと軍隊の退役軍人を加えて開催されました。
海軍、沿岸警備隊、海兵隊を含むFRAは毎年平均100人の給餌を受けています。昨年は125名になりました。また、多くの地域フードバンクに貢献しています。海軍22年のキャリアにベトナムの2回のツアーを経験した主催者のリチャード・ネルソン氏は、「ここにいるみんながそれをやりたいと思っていた。私は行うのに十分な人数がいなかったので、VFW 12124に助けを求めました。」そして、FRAとVFWの心のこもった努力に祝福にされたのは学生だけではありませんでした。
海兵隊の上級副官Jason Bornflethは、毎年の食事が彼に与える士気の高まりに感謝しています。「学校の上級参議院顧問として、私と他のすべてのインストラクターがこれらの若い生徒を指導し、彼らが、大きな艦隊に衝突する前に少し自由を許すことが重要です。」とボーンフレット氏は語っています。
「休暇が足りないため帰国できない人もいる。あるいは、ここにとどまりたいと思う人もいる」と彼は付け加えます。
それは私のスタッフと自分自身を楽しみ、感謝祭の良い夕食を食べているのを見て非常に満足しています。