ベトナムはプーケットがタイ最大の島、世界観光マップに掲載すると再認識しております。タイ南部のリゾート地の島よりほんのわずか大きいティアドロップ型のフクオックは、ベトナム外の観光客にとって新しい場所です。カンボジアから15キロしか離れていない、北海岸島のインフラストラクチャーは、プーケットのインフラよりはるかに未発展です。これは島に対し観光客向けのセールスポイントなのです。プーコックは数十年前のプーケットのように、いくつかのホテル経営者が驚異的な速さで観光関連の開発を進める説明し、激しく激変しています。プーコックは、大規模な観光、特にハイエンドの国際的な休暇を目的とする成功を時間をかけて競っています。地元当局は、Phu Quocのホスピタリティー開発は、活況をしいておりタイのDusit Internationalグループを含む8つの国際ブランドホテルとリゾートが3~4年で3800以上の新しい客室を設ける予定です。Sol Beach House Phu Quocのマネージャー ラウル・マテオ氏は、このような成長はインフラを支え、実際の需要と共有に合わせるにはペースが速すぎると述べています。プーコックのホテル客室には、既に不具合が出ており、10000部屋のうち40~50%のみが利用可能とマテオ氏はバンコクポストに語りました。しかし、プーコックは東南アジアの新しいリゾート地として不動産と観光業界の間で楽観的な見解を強くしています。27ホールのゴルフコース、カジノ、本島とホムトム島を結ぶ8キロのケーブルカー等の観光インフラ数十億ドルの投資が流れました。

地方政府当局者は、プーケットとバリ島の間にプーコックを配置する事を熱望しています。ベトナム政府統計局によると、同国全体の来訪者は、今年の9か月間で28.4%増し、940万人に達しました。このうち、約700万人はアジア人で半数以上が韓国、中国でした。昨年、ベトナムの国際入国者数は前年比26%増しの1000万人を超えました。2020年までに、社会主義国家、観光業の目標350億ドルを創出し、GDP 推定10%に寄与します。プーコックへの、外国人訪接続はを問者引き出すために、30日間滞在する外国人へのビザ免除政策が導入されています。その間、島はベトナム政府の特別経済区に命名され、開発促進し、観光アジェンダを推進する基盤を作りました。ベトナムの計画は、プーケットの野心的な経済目標を25~30%に設定しています。

プーケットとの現在の国際線接続は国際産業の幹部からは、到着便数があまりにも少ないとみなしています。Tui Travelのようなツアーサービス会社によって運営されているチャーター便が、ヨーロッパとプーコック間、冬季フェリー運航しています。
プーコックを運行する国際航空会社は、旗艦会社ベトナム航空が過半数を保有する中国南部空港とジェットスターパシフィック航空が含まれています。ベトナムの低コストキャリアベトナムとベトナム航空は、ベトナム本土からプーコックへ頻繫に運行しています。プーコックの観光産業は、バンコク航空とバンコクの間でノンストップサービスを開始し、観光産業促進計画に恩恵をもたらす事を歓迎します。タイの首都はこの地域の事実上の航空拠点であるため、プーコックの観光地にとって直接的で頻繫な直接リンクは、プーコックの観光の主要な推進要因となる、とメリア氏は述べます。バンコク航空は10月29日にバンコクのスワンナプーム空港からプーコックへ定期便を開始し、70便のATR72-600ターボブロックを週4便で開始します。バンコク空港は、スワンナプームでの乗り継ぎ便を持つエアフランス、KLM、ブリティッシュ・エアウェイズ等の24のコードシェアパートナーが運行する長距離便からプーコックへの旅客輸送を試みています。

バンコク空港のセールス担当副社長バロン・イスラセナ氏によると、プーコックサービスへの最初の対応にへ奨励されております。各フライトで平均70~80%の座席利用があると言われてます。バンコク航空のプッタティン・プラサートン・オオス会長は、プーコックへの就航頻度を増やし、次年度には高容量機材の導入可能性を述べました。業界幹部らは、プーコックはプーケットのパリティを得るまでには長い道のりがあると語りましたが、ベトナムは事業に取り組もうとしています。