ベトナム就職ワンダーランド

ベトナム人材紹介会社を使って就職を成功させる一歩

タグ: ベトナム

フーコックは次のプーケットとして選出されました。

ベトナムはプーケットがタイ最大の島、世界観光マップに掲載すると再認識しております。タイ南部のリゾート地の島よりほんのわずか大きいティアドロップ型のフクオックは、ベトナム外の観光客にとって新しい場所です。カンボジアから15キロしか離れていない、北海岸島のインフラストラクチャーは、プーケットのインフラよりはるかに未発展です。これは島に対し観光客向けのセールスポイントなのです。プーコックは数十年前のプーケットのように、いくつかのホテル経営者が驚異的な速さで観光関連の開発を進める説明し、激しく激変しています。プーコックは、大規模な観光、特にハイエンドの国際的な休暇を目的とする成功を時間をかけて競っています。地元当局は、Phu Quocのホスピタリティー開発は、活況をしいておりタイのDusit Internationalグループを含む8つの国際ブランドホテルとリゾートが3~4年で3800以上の新しい客室を設ける予定です。Sol Beach House Phu Quocのマネージャー ラウル・マテオ氏は、このような成長はインフラを支え、実際の需要と共有に合わせるにはペースが速すぎると述べています。プーコックのホテル客室には、既に不具合が出ており、10000部屋のうち40~50%のみが利用可能とマテオ氏はバンコクポストに語りました。しかし、プーコックは東南アジアの新しいリゾート地として不動産と観光業界の間で楽観的な見解を強くしています。27ホールのゴルフコース、カジノ、本島とホムトム島を結ぶ8キロのケーブルカー等の観光インフラ数十億ドルの投資が流れました。

地方政府当局者は、プーケットとバリ島の間にプーコックを配置する事を熱望しています。ベトナム政府統計局によると、同国全体の来訪者は、今年の9か月間で28.4%増し、940万人に達しました。このうち、約700万人はアジア人で半数以上が韓国、中国でした。昨年、ベトナムの国際入国者数は前年比26%増しの1000万人を超えました。2020年までに、社会主義国家、観光業の目標350億ドルを創出し、GDP 推定10%に寄与します。プーコックへの、外国人訪接続はを問者引き出すために、30日間滞在する外国人へのビザ免除政策が導入されています。その間、島はベトナム政府の特別経済区に命名され、開発促進し、観光アジェンダを推進する基盤を作りました。ベトナムの計画は、プーケットの野心的な経済目標を25~30%に設定しています。

プーケットとの現在の国際線接続は国際産業の幹部からは、到着便数があまりにも少ないとみなしています。Tui Travelのようなツアーサービス会社によって運営されているチャーター便が、ヨーロッパとプーコック間、冬季フェリー運航しています。
プーコックを運行する国際航空会社は、旗艦会社ベトナム航空が過半数を保有する中国南部空港とジェットスターパシフィック航空が含まれています。ベトナムの低コストキャリアベトナムとベトナム航空は、ベトナム本土からプーコックへ頻繫に運行しています。プーコックの観光産業は、バンコク航空とバンコクの間でノンストップサービスを開始し、観光産業促進計画に恩恵をもたらす事を歓迎します。タイの首都はこの地域の事実上の航空拠点であるため、プーコックの観光地にとって直接的で頻繫な直接リンクは、プーコックの観光の主要な推進要因となる、とメリア氏は述べます。バンコク航空は10月29日にバンコクのスワンナプーム空港からプーコックへ定期便を開始し、70便のATR72-600ターボブロックを週4便で開始します。バンコク空港は、スワンナプームでの乗り継ぎ便を持つエアフランス、KLM、ブリティッシュ・エアウェイズ等の24のコードシェアパートナーが運行する長距離便からプーコックへの旅客輸送を試みています。

バンコク空港のセールス担当副社長バロン・イスラセナ氏によると、プーコックサービスへの最初の対応にへ奨励されております。各フライトで平均70~80%の座席利用があると言われてます。バンコク航空のプッタティン・プラサートン・オオス会長は、プーコックへの就航頻度を増やし、次年度には高容量機材の導入可能性を述べました。業界幹部らは、プーコックはプーケットのパリティを得るまでには長い道のりがあると語りましたが、ベトナムは事業に取り組もうとしています。

長い間ベトナムの人々と生きる

戦争を経験して生きる人達は、残りの人生の間、不安や恐怖の影響を受けます。彼らはしばし、心と体が壊れて戻ってきます。彼らの傷跡は見えないかもしれないが、非常に多いです。
私もその一人です。ベトナムの兵役経験者として、以前の敵戦闘で殺された全ての人、国の歴史を知らない人たちに対し悲しく思います。退役の日、私はベトナムについて考えるのを止める事が出来ませんでした。
戦争はテストステロン駆動の虚弱すぎることによるバーの喧嘩のようなものでした。兵士や一般市民の死や、負傷、精神的苦痛を招いたが、アメリカの政治家や軍事指導者の知恵はなかった。私達の軍隊は、ベトナム人380万人を殺し、更に570万人の負傷者を出し、数千の病院や学校を爆破し、田舎にたくさんのエージェントオレンジ(枯れ葉剤)を撒きました。
それは何も終わっていないと学びました。失われた愛する人たちへの悲しみと苦痛だけが残りました。

アメリカの精神はいつでもどこでも何のためにも戦うように毒されてます。私達、若い兵士にとってボランティア軍は多くの人を雇い、召集は必要なく、悲しい成功なのです。私達、若い兵士にとって、戦争は仕事と家族の絆から離れ、日常の世界では不可能な、激しく恐ろしい経験です。とりわけ、戦争は武器販売と軍事産業団地の利益にとっても良いです。

なぜ、アメリカの若い兵士たちは、自国を守っている人々を殺す為に送られたのです?彼らの計画は、ベトナム人を「文明化」し、共産主義を憎み、資本主義を受けさせることでした。彼らがCurtis Le May将軍の「石器時代に戻す」という言葉があります。アメリカのリーダーシップは無力だけでなく、不道徳でした。私達の政府は、ベトナムの共産主義者を致命的な脅威と描写しています。私達の嘘や宣伝を信じさせる為にかなりの時間をかけました。実際には、彼らのほとんどはフンボルト群のような農家でした。彼らは適切な心を持つ勤勉な人で、彼らの忠誠は彼らの家族とその土地にあります。

アメリカ人と違って、ベトナム人は政治、世界支配、または、ドミノ理論に興味がなかったのです。
彼らは自分の畑を耕し、良い作物を持ち帰りたいだけです。事実、私達がベトナムについて語ったほとんどすべてが選出された当局の意識的な嘘でした。第二次世界大戦以来、私達はいじめの対象となることによって「世界警察」の役割を誤りました。小さな国が私達の発言を拒否するとき、「取り除く」ことについて喜びはありません。私達は、明日がないような飽くなき食欲で地球を奪回している腐敗団です。私達の指導者たちは、残念な決断と私達がベトナムで引き起こした悪意のある破壊について決して謝罪しません。しかし、そこに奉仕した多くの人は帰国する前から謝罪を始めました。

10年の戦闘による被害は、その役目に関わらず、全ての退役軍人に重き記憶を与えます。戦争の遂行は、私達が政府の財産品を売却した事を認識し、ほかの人間を殺害する事を正当化できるものが何もないとわかった時のみ終わるでしょう。
ベトナム戦争の大きな教訓を忘れないように頼むのはなぜです?
私は、アメリカが戦争の恐怖を直接経験した後で、ここ自宅でより賢くより同情的な国になると信じ始めています。
ベトナム戦争は失われました。なぜなら、中国人とフランス人と戦った人々は、アメリカ人が彼らの独立を革新するために戦うことを以上に喜んでいたからです。北ベトナムの勝利がアメリカに重大な脅威となる事はなかったので、戦争は終息しました。共産主義者の支配権がなくなったかどうかは、国家安全保障とは完全に無関係です。私達の国は本当に、ベトナムと戦いたくなかったです。アメリカの兵士はそこにいたくなく、私達の市民も、そこにいてほしくありませんでした。私達は死と軍の滅亡、飢餓に恐れました。決して戦争に再び参加してはなりません。アメリカ人がまだ戦争が遠い幻想であると信じている理由が理解できません。ベトナムは、イラクとアフガニスタンのように、今後数年間アメリカを襲う道徳的な悲劇でした。我が国はうまくいくが軍事介入が最後の手段であることを認識し始めなければならないです。私達がいつか、私達全員が、私達を未来の無意味な戦争に導くようなものと一緒に立つことを願っています。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén