トランプ大統領は、今週始めに日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンのアジアを訪問しました。この11日間の旅は、過去25年間で大統領のアジア最長滞在を記録となります。途中でトランプ氏はベトナムでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議への参加を中止し、ロシアのプーチン大統領との、共産党長官をはじめとする他の世界リーダーとともに経済首脳会議に参加しました。5つ星のインターコンチネンタルダナンサンペニシュランリゾートでは、中国西錦平のパーティーが開催されます。

「これは、私達のリゾートで、このような重要かつ重大なイベントを開催する一生に一度のチャンスである」
Juan Losada,インターコンチネンタルダナンサンペニシュランリゾートのGMは、「数ヵ月間、私達のチームは、ダナン政府とSungroupの管理チームのAPEC委員会の指導の下で、全てが完璧であることを確かめる為に努力してきました」と語ったのです。会議では多くの労力と難しい議論があると確信していますが、リゾートの特色あるおかげで必然的にサルのビジネスが不可避になるでしょう。インターコンチネンタルダナンサンペニシュランリゾートは、豪華なアメニティだけでなく、カベに掛けられたサルの頭、サルの彫刻、あらゆる部屋のサルの絵、バナナをテーマにした映画劇場、おしゃれなサルと呼ばれる事をテーマにしたナイトクラブ、そしてホテルの窓の外にある、木々から揺れ動く本当の猿などショーの本当のスターであります。
スタッフ達は、「これらの森林には猿がいっぱいいます」と米国生まれのリゾートアーキテクトのBill BensleyはTravel+Leisureに語りました。

「彼らは従順でエレガントで美しい動物で、樹木からは決して降りてくる事はありません」

このニカラグアリゾートでハウラーサルとハングアウト、確かに全ての内装とホテル自体は、Bensleyが好きなローカル霊長類、douc longerへの敬意です。「工事中、建設員は絶滅の危機に瀬しているため、サルに触れないように厳しい規則を遵守しなければならなかった」サウスチャイナ・モーニング・ポストは説明し、doucsは現在、絶滅危惧種の自然レッドリストの保全の為の国際連合に記載されています。合計で、野生では300匹以下が残っています。
Douc Langur財団の研究員であるVan Hong Hiaによると、これらの猿が本当にどれくらい平和的なのかわかりません。
「私達は、異なる家庭が同じ場所にいて、同じ場所で食事しても、彼らが戦うケースは記録していません」とT+Lに語りました。
「彼らは他のサルとはとても違っています」
また、Bansley氏は、世界で最も美しく、静かで絶滅の危機に瀬している種が生存していることを
「彼はここにいる」と理解している限り、世界の大統領を含む、誰でもホスト出来ることを嬉しく思っています。
恐らく、世界の指導者は、これらの霊長類から、何か2つを学び、その平和、愛、そして静かなエネルギーを世界の舞台にもたらすでしょう。