ベトナム就職ワンダーランド

ベトナム人材紹介会社を使って就職を成功させる一歩

カテゴリー: ベトナムのホスピタリティー

ホスピタリティー業界で働く5つの理由

私にはホテルや観光業界でキャリアを追求するために何が必要とするのか、訪ねてくる人々がたくさんいます。彼らは、人生の目的を定義したり、天体物理学を説明するように私に聞くほうがいいでしょう。

なぜなら、その質問に対する明確かつ確かな答えがないからです。

それはすべて、人がホテルで働くことを選び何を求めているか次第です。ホスピタリティには歴史があります。それは、世界のように広大で、歴史に根ざすほど深いものです。

人々は旅行をし、現在のように暖かいベッドや健康的な食事などの基本的なニーズが満たされなければなりませんでした。
しかし、民間住宅の賃貸用の小さな宿や部屋に限られていた時代とは異なり、業界は絶えず最高水準に進化しております。
将来の技術とリソースでは、単一のクライアントごとにますます革新を約束します。あなたの会社が100人分の会議室を必要とするかどうかだけににかかわらず、エキゾチックな新婚旅行に行くことを決めたり、または夏のリゾートで家族と休暇をとる事などから、ホテルで働くということは、プロフェッショナルに満たされ、必要以上にそれを満たされなければならないのです。
過去とは異なり、彼らは暖かいベッドや健康的な食事に限られていません。

この業界に関わる者は誰でも、現在の動向に対応することが成功の鍵となることを理解する必要があります。

旅行と観光産業は21世紀の最も急速に成長している産業であることをご存知ですか?
前述したように、宿泊業は歴史のなかで遡ることができ、来るべき未来には必ず存在しているのです。
約2千年前、旅館や宿屋で遊牧民や旅行者が “チェックイン”していたのであれば、この記事を読んで終わる頃には、
世界はまさに宇宙ホテルを作ることが近い未来になっているでしょう。だから、この業界は進化しているだけでなく、空き部屋があると、それは空いている職場をもたらしてくれます。
幸運なことに、今日明日の成功を「鍵」で切り抜けることができる将来のホテル経営者の採用、教育、訓練、そして情報提供に重点を置く学習機関があります。様々なキャリアの夢に適したさまざまなプログラムを提供しています。それは多様性と機会に関するすべてです

もう一つの理由は、ホスピタリティーは多文化環境で働けることです。
ホテルで働くということは、その施設内の国際主義がお客様の要望に止まることを意味するものではありません。
レセプションの背後にある人々、キッチン、オフィスでは、世界中のあらゆる場所から来ています。
彼らは、業界内で効率的に働く方法について、彼ら自身の言語、文化的背景、アイデアを持っています。
私の最初のインターンシップでは、フランスで働いていましたが、ドイツ、米国、アルジェリア、モロッコ、スイス、カナダ、キューバ、ロシアの同僚と仕事をすることに誇りを持っていました。これらの人々は、自分の母国での自分の経験に基づいて自分の仕事の能力を最大限に引き出す方法を教えてくれました。最後には私の実践的なスキルを豊かにしただけでなく、他の国の知識も豊かにしてくれました。
この「仕事の説明」の重要な要素は、1人の大きなチームとして、さまざまな背景の異なる人々とのコミュニケーションして作業できることです。
それはあなたに成長の余地を与えます
ホスピタリティ業界では、専門的に、そして人として自分自身を成長することができます。
あなたがすでに持っているプロのスキルを向上させるだけでなく、同僚、クライアント、様々な状況のために時間を使いテストをし更に習得します。ホテルで働くには様々な特性が必要です。
これらは、構成、コミュニケーション、チームでの作業などのソフトスキルから、収益管理、会計管理、設備管理などの技術的能力にまで及びます。また、おそらく最も重要なことは、あなたが文字通り人の世話することです。
これは議論の余地がありますが、私の経験によれば、あなたが顔に笑みを浮かべながら、顧客のニーズや希望を自分のものよりも優先させるという共感と責任が必要です。
顧客はいろいろな理由でホテルに来ますが、要するに彼らには何かが必要です。彼らは、ホテルの従業員と店が時間、配慮、注意を払うことを望みます。また、人々が大きく異なるのと同様に、各ホテル・ディエールが顧客に提示する配慮と責任もそうです。
家族のチェックインやホテルバーでのお飲み物など、基本的な条件を満たす場合もあれば、クライアントの要求に応えるだけでなく、それを超えるものもあります。今の急速に成長するビジネスでは、ビジネスの第一の目的である利益を得ることにますます重点が置かれています。しかし、ホテルでは、イベント、食事、部屋または飲み物に限定されず、サービスにまで拡張され、常にサービスとスキルを向上させる方法があります。

最後に、私が大変おもてなしを愛する理由はシンプルです。それは楽しいいからです。すべてのダイナミクス、すべての異なる責任をシフトし、あなたがトレーニングを開始して管理職に就くときの気持ちは満足できるものです。
そして、それはホテルの顧客対応部分で止まるわけではなく、世界各地の幅広い国々で、幅広い国籍を代表する人々と出会い、交流する機会があります
結論として、ホテル業界は関心を寄せているかなり面白くて楽しいドメインです。他の仕事と同様に、それは浮き沈みがあります。それは常に革新の場です。常に革新者がいます。

海軍航空母艦メリディアンの食事会

艦隊準備協会が主催する感謝祭の食事に参加しました。駅の近くにあるフリート・ホームクラブで行われた食事は、学生が研究からの時間外な休憩を取ったり、遊んだり、プールで遊んだり、自家製の食べ放題のお祝いチョコを楽しむ機会を提供しました。もちろん、南部のおもてなしには、七面鳥、ハム、マッシュポテト、グレービー、オレンジ、クランベリーソース、デザートなどの伝統的な料理が含まれています。

ニュージャージー州ニューアーク出身の19歳のマリン・プライベート・カバ氏は、「感謝祭でここにいる事は、私が初めて帰省していない事で、新しい経験だ」と「しかし、私は自分の人生で何か良いことをしていると知っているので、私の両親は私がいつも一緒にいることができないと理解しています。私は新しい人に出会ったので、大丈夫です。そう、新しい家族のようなものです」と語ります。

退役軍人とVFWによる美味しい食事の提供は、若者の交流が楽しめる機会と、カバは感謝していました。

Marine Private Vu(19歳)とIMRL Asset Managers System(IMRL資産管理者制度)を学ぶことで、休暇をとることができました。特に感謝祭の休暇中に、友好を深めることができるということに感動しました。

「彼らはまだ私たちが十代の若者であることを知っています、私たちはまだ若い大人です。私たちは仕事を勉強しようとしていますが、同時に友人と一緒に楽しむことも楽しいです」とテキサス州ダラスを拠点とするPrivate Vu氏は語っています。

「あなたの兄弟姉妹が皆さんと一緒にいる事は、それは素晴らしいことです。だから、これは素晴らしい経験でした」ボストン出身の海洋PFCプリフト(27)は、家に帰ることができないので、このイベントを高く評価した別の学生です。彼女の仲間のサービスマンや男性の間の同情は、お祝いと同じくらい多くの、豊かな時間であったと彼女は言いました。「それは海兵隊がどのような家族になるかと見る事に役立ちます。」と彼女は述べます。「家族と一緒に家で過ごすことは出来ないが、海兵隊と共に感謝祭を過ごす事はうれしいです。それは、私の一部であるかのように感じさせます。」イベントはフリートリザーブ協会の第6年次の感謝祭でした。過去3年間、VFW Post12124に加えて、アメリカ赤十字の地方支部のボランティアと軍隊の退役軍人を加えて開催されました。
海軍、沿岸警備隊、海兵隊を含むFRAは毎年平均100人の給餌を受けています。昨年は125名になりました。また、多くの地域フードバンクに貢献しています。海軍22年のキャリアにベトナムの2回のツアーを経験した主催者のリチャード・ネルソン氏は、「ここにいるみんながそれをやりたいと思っていた。私は行うのに十分な人数がいなかったので、VFW 12124に助けを求めました。」そして、FRAとVFWの心のこもった努力に祝福にされたのは学生だけではありませんでした。
海兵隊の上級副官Jason Bornflethは、毎年の食事が彼に与える士気の高まりに感謝しています。「学校の上級参議院顧問として、私と他のすべてのインストラクターがこれらの若い生徒を指導し、彼らが、大きな艦隊に衝突する前に少し自由を許すことが重要です。」とボーンフレット氏は語っています。
「休暇が足りないため帰国できない人もいる。あるいは、ここにとどまりたいと思う人もいる」と彼は付け加えます。
それは私のスタッフと自分自身を楽しみ、感謝祭の良い夕食を食べているのを見て非常に満足しています。

ダナン市の若者の挑戦

ダナン市在住のMai Nguyen Cong Thuan(20歳)は、ベトナムの遠隔地の山岳地帯の友人との間で、ベトナム初の多目的ロードトリップ(ジャケット、寝袋、リュックサック)を設計するための研究に触発されました。
洪水の影響を受けた地域に住むトレッカーや人々を救う為です。Thuanと彼の市経済学部の友人や同僚からなる5人チーム(C-TEKチーム)は、今年3月に国内でジャケットデザインを製造し始めました。
ジャケットはダナンスタートアップ2017で1位を獲得し、アイルランドのコーク工科大学で4週間のトレーニングコースを終了しました。

「私たちのチーム、私たちの大学の3人のメンバー、そしてダニーの2人、他の人とダナンの建築大学はダナンスタートアップ2017でSleepJをデビューさせるのに3ヶ月かかりました。でも私の故郷ダナンのApecでダナンを代表する事ができて、とても光栄です。」とThuanはVietNam Newsに語りました。

「私とLy Thu Uyenは布をデザインしてカットするのに時間を費やしましたが、他の人はジャケットのさまざまな部分で作業しました。ダナン生まれの学生は、ジャケットの他の機能を含むデザインを考えることは特に時間がかかると言いました。
モーターバイクで旅行する旅行者は、テント、寝袋、バックパックを長時間に渡って旅する事が多いといいます。自転車で重い荷物を運ぶことは不便です。
SleepJの最初のサンプル(約US $ 22)はオフロードトリッパーではかなり合理的ですが、離れた山間部に住む貧しい人々や洪水に脆弱な人にとっては高価かもしれません。

「ベトナム中部の雨季や暴風雨の季節に家が洪水によって流されたとき、ホームレスと仮設施設の不足に苦しんでいる住民を目撃しました。その悲劇は、災害犠牲者のために安くSleepJを作るように私たちに促しました」とThuanは言いました。
「将来のエイペックス・ボイス・オブ・ザ・フューチャーは、ベトナムなどの被災地の貧困層のための多目的ジャケットの大量生産に関する投資家とアイデアを交換する絶好の機会だ」と述べます。
AEPイベントに参加しなかったC-TEKチームのメンバーであるUyenは、SleepJはバックパッカー、ホームレス、夜間船員、洪水被災住民に非常に便利だと語りました。
現在、C-TEKチームはSleepJの基盤にあるジャケットやその他の製品に小型の蚊避け装置を組み込んでいます。
多目的ジャケットの開発に加えて、Thuanはダナンを訪れる外国人観光客に現地ガイドを提供するツアーガイドプログラム「ダナンフリーウォーキングツアー」も開催しました。このプログラムは、ダナンとベトナム中部の観光客へのおもてなしを促進しながら、若い学生が英語のコミュニケーションを実践する機会を得ることを目指しています。

ベトナム国家観光局(National Tourism Administration)の統計によると、バックパッカーとオフロードの旅行者は、同国の観光産業からの収入の18.4%を占めています。Thuanは、Apec Voices of the Futureのイベントが彼の製品が成長する事を助けてくれるとを願っています。ダナンは起業家製品へのアイデアを開発するチャンスを求める若者のための独自のビジネスインキュベーターキャンペーンを開始したことに興奮しています。彼は、SleepJはプロトタイプとして完成したばかりであり、ベトナムや海外市場で販売される前に、より多くの作業が必要だと述べます。

新しいベトナムのホスピタリティ

ナイアガラ大学は、Vung Tauにある5つ星のImperial Hotelに合わせた新しいベトナムのホスピタリティと観光訓練センターと正式な国際パートナーシップを締結しました。
ナイアガラ大学のJames J. Maher教授(CM)は、1月5日、インペリアル・インターナショナル・ホテルスクールを監督する、Huynh Trung Nam(インペリアル・グループ会長)との合意に署名した。
ベトナムの学生に世界クラスの観光訓練を提供するためにカスタムデザインされています。
このパートナーシップの中で、ベトナム学生は、ナイアガラ大学の教職員および管理職と協力して、卒業時に国際的に認定された証明書を受け取る予定です。
このプログラムは、ベトナムのホスピタリティ産業のニーズを満たすためにNU教員によって建設され、東南アジア諸国連合協会とASEAN経済共同体によって承認されたものと組み合わされます。
パートナーシップは、インペリアルインターナショナルホテルスクールのウェブサイト(外部リンク)に著しく掲載されています。
「ナイアガラ大学はインペリアルインターナショナルホテルスクールの優れたリーダーシップと協力することに歓喜しています」とNUの国際関係担当副社長ハン・ルー博士とホスピタリティ・カレッジのKurt Stahura博士観光管理は述べています。
「ホスピタリティ・アンド・ツーリズム・マネジメント・カレッジの教授陣は、地域の社会経済開発に大きな影響を与えていることを理解し、教育、技能、および労働力開発においては例外的です。ベトナムに存在する野心的で精力的な労働力、私たちの大学のVincentian使命を支援してくれて、これはすばらしいパートナーシップです」と述べています。
「私たちは、ナイアガラ大学とインペリアルインターナショナルホテルスクールとの戦略的関係の始まりを祝い、Maher Le and Dean Stahura博士のベトナム訪問を感謝します。
「この有名かつ歴史的なアメリカの大学との協力は、ベトナムのホスピタリティと観光産業に行動的で専門的な訓練をもたらします。長期的なパートナーシップと友好関係は、ベトナムと米国、特に西部との相互理解の関係を強化し、両方の国から学生のための拡大機会を提供します。」
インペリアルインターナショナルホテルスクールは、洗練されたインフラストラクチャー、設備、サービスを備えたハイエンドホテルで、授業で学んだことを練習できる、ベトナムで初めてと報告があります。
学校の使命は、「ベトナムの国際基準、英語の職業訓練、ホスピタリティーの配置の優先的なプロバイダー」であります。
ベトナム観光協会会長、グエン・フー・トー氏によると、同国のホテルや観光産業を強化するためには、その設立が不可欠であります。
文化観光省の署名式典で語ったトー氏は、世界レベルの観光ブランドを徐々に構築するために、ベトナムは国際基準を満たす実践的な訓練を引き続き提供しなければならないと述べました。
インペリアルインターナショナルホテルスクールのリチャード・C.・ランストロム教授は、当初、レストラン、ルーム、セキュリティ、カジノサービス、ホスピタリティに関する英語講座や受付、スタッフ向けの短期コースを開講する予定だと示唆しました。
学校は、ナイアガラ大学や他の海外のパートナー学校と協力して、長期の研修プログラムを企画します。LinstromはNUの教授の卓越性を賞賛し、「理論と実践において何年もの経験を持つ専門家」と呼びます。Linstromはまた、教育に加えて、インペリアルインターナショナルホテルスクールの学生は、卒業後、国内外のホテル、リゾート、レストランで雇用機会を得るだろうと述べました。
“我々は品質基準に重点を置き、各学生の価値を高めるため、学生に対し学校全体は、ホテル、リゾート、高級レストランで高収入をもたらす雇用機会を確保するだろう”と彼はのべました。
インペリアルホテルは、ホーチミン市から約75マイルのブンタウ海岸に位置する全144室のブティックホテルです。
ホスピタリティと他のサービスが有名なプロバイダーであるImperial Groupによって設立されたこのホテルは、このエリアにある唯一の5つ星リゾートです。学校はこのホテルの専用階にあります。ナイアガラ大学のホスピタリティ・アンド・ツーリズム・マネジメント・カレッジは、1968年に設立され、米国で初めて観光学の学士号を取得するプログラムであり、業界で成功するために個人を訓練する長い歴史を持っています。
世界中の教員を雇用し、いくつかの国でインターンシップと交換プログラムを提供しているカレッジは、Hotel School of Distinctionの創設メンバーです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén