ベトナム就職ワンダーランド

ベトナム人材紹介会社を使って就職を成功させる一歩

カテゴリー: ベトナムのこと

ベトナム就職後の生活について

ベトナム就職をすると直面するのがベトナム生活です。いろいろと苦労があると思いますが、その中でも日本と同じように生活をしていたら、いくらお金があっても足りないってことになります。
その原因の一つは日本と比べるともらえる給料の相場は低いからです。駐在員であれば手当などで収入は増えるみたいですが、この記事を読んでくれているほとんどの人は現地採用の人になると思います。
ベトナムで現地採用として就職した人の給料の相場は1500ドル〜2000ドルです。技術職や管理職、IT系の人なんかは相場よりも500ドル〜1000ドルくらい高い印象です。(あくまでも基本給の話で、営業の方で歩合がついて5000ドルって人も知っています)

ベトナムは東南アジアの中でも比較的物価が安い国だと思います。なので、贅沢しなければ十分に貯金をしながら生活が出来ます。

家賃は日本と比べると半額程度に抑えられます。東京や大阪の都市部からすると3分の1くらいになるかも知れません。現地採用の人が高級サービスアパートメントに住むことはないと思いますが、この家賃は1000ドル以上です。掃除と洗濯がついているようなアパートメントは300ドル以上です。ローカル向けアパートメントは150ドル〜500ドルです。私の周りの現地採用の人が住んでいる家賃相場は300ドルです。(ちなみに全てワンルームなど一人で住む広さの料金です)

食費は1回1ドル〜10ドルくらいが相場です。日本食は5ドルを越えますが、高級店じゃない限り10ドル以内に収まります。ただ居酒屋など飲みに行くと、大体1回5ドル〜50ドルくらいです。これもローカルとローカル以外で大きく変わります。

クラブやディスコはビール1杯が2.5ドル〜8ドルです。4人以上で行く場合は、意外とウィスキーなどボトル(200ドル〜)で飲むほうが安く済むことが多いですが、日本人は「ディスコ=高い」と身構える人が多いのでビールを頼む人が多く結果的に多く使うことがあります。

服は良いものが安く手に入るのは女性用だけで、男性用の物は高いです。おしゃれしようなんて考えたら大変です。とても高くなってしまいます。ただTシャツやジーパンなどは流れ品を扱うお店で安く買えることができます。
安くて良いものが欲しい時は、日本に帰った時に買うのが賢明です。

靴やカバンも服と同様に安くて良いものはありません。安くて良いものが買えるのは革製の小物くらいだと思います。
あとはホイアンなどに行って生産工場の現場で買うくらいです。

「衣」「食」「住」が出たところで、大体の目安をまとめておきます。

家賃:330ドル(光熱費込)
食費:1日10ドルx30日 =300ドル
遊興費:50ドルx4回 =200ドル
衣類:50ドル
電話代:20ドル
その他:50ドル

合計:950ドル

1000ドル弱なので、贅沢さえしなければ1500ドルの給料であっても500ドルは貯金できる計算になります。

ただ家族を持っている場合ですと、教育費が結構大変な出費になります。
日本人学校に行かせようなものなら1名あたり1ヶ月700ドルが必要になり、これに交通費など諸々かかることを考えると800ドルは必要だと考えないといけません。インターナショナルスクールであれば1ヶ月2000ドル近いお金がかかるとも言われています。

また先述の食費などは1名分なので、これに人数分が加わります。

家族4人で2名が日本人学校に通えば3500ドルは必要になってきます。

独身者であれば、ベトナム給料の相場でもらえるなら十分になりますが、家族であれば会社がどれくらい出してくれるかを確認する必要があります。そのため、人材紹介会社を利用して就職する場合は担当者にこれらを伝えておくほうが良いです。

海軍航空母艦メリディアンの食事会

艦隊準備協会が主催する感謝祭の食事に参加しました。駅の近くにあるフリート・ホームクラブで行われた食事は、学生が研究からの時間外な休憩を取ったり、遊んだり、プールで遊んだり、自家製の食べ放題のお祝いチョコを楽しむ機会を提供しました。もちろん、南部のおもてなしには、七面鳥、ハム、マッシュポテト、グレービー、オレンジ、クランベリーソース、デザートなどの伝統的な料理が含まれています。

ニュージャージー州ニューアーク出身の19歳のマリン・プライベート・カバ氏は、「感謝祭でここにいる事は、私が初めて帰省していない事で、新しい経験だ」と「しかし、私は自分の人生で何か良いことをしていると知っているので、私の両親は私がいつも一緒にいることができないと理解しています。私は新しい人に出会ったので、大丈夫です。そう、新しい家族のようなものです」と語ります。

退役軍人とVFWによる美味しい食事の提供は、若者の交流が楽しめる機会と、カバは感謝していました。

Marine Private Vu(19歳)とIMRL Asset Managers System(IMRL資産管理者制度)を学ぶことで、休暇をとることができました。特に感謝祭の休暇中に、友好を深めることができるということに感動しました。

「彼らはまだ私たちが十代の若者であることを知っています、私たちはまだ若い大人です。私たちは仕事を勉強しようとしていますが、同時に友人と一緒に楽しむことも楽しいです」とテキサス州ダラスを拠点とするPrivate Vu氏は語っています。

「あなたの兄弟姉妹が皆さんと一緒にいる事は、それは素晴らしいことです。だから、これは素晴らしい経験でした」ボストン出身の海洋PFCプリフト(27)は、家に帰ることができないので、このイベントを高く評価した別の学生です。彼女の仲間のサービスマンや男性の間の同情は、お祝いと同じくらい多くの、豊かな時間であったと彼女は言いました。「それは海兵隊がどのような家族になるかと見る事に役立ちます。」と彼女は述べます。「家族と一緒に家で過ごすことは出来ないが、海兵隊と共に感謝祭を過ごす事はうれしいです。それは、私の一部であるかのように感じさせます。」イベントはフリートリザーブ協会の第6年次の感謝祭でした。過去3年間、VFW Post12124に加えて、アメリカ赤十字の地方支部のボランティアと軍隊の退役軍人を加えて開催されました。
海軍、沿岸警備隊、海兵隊を含むFRAは毎年平均100人の給餌を受けています。昨年は125名になりました。また、多くの地域フードバンクに貢献しています。海軍22年のキャリアにベトナムの2回のツアーを経験した主催者のリチャード・ネルソン氏は、「ここにいるみんながそれをやりたいと思っていた。私は行うのに十分な人数がいなかったので、VFW 12124に助けを求めました。」そして、FRAとVFWの心のこもった努力に祝福にされたのは学生だけではありませんでした。
海兵隊の上級副官Jason Bornflethは、毎年の食事が彼に与える士気の高まりに感謝しています。「学校の上級参議院顧問として、私と他のすべてのインストラクターがこれらの若い生徒を指導し、彼らが、大きな艦隊に衝突する前に少し自由を許すことが重要です。」とボーンフレット氏は語っています。
「休暇が足りないため帰国できない人もいる。あるいは、ここにとどまりたいと思う人もいる」と彼は付け加えます。
それは私のスタッフと自分自身を楽しみ、感謝祭の良い夕食を食べているのを見て非常に満足しています。

ダナン市の若者の挑戦

ダナン市在住のMai Nguyen Cong Thuan(20歳)は、ベトナムの遠隔地の山岳地帯の友人との間で、ベトナム初の多目的ロードトリップ(ジャケット、寝袋、リュックサック)を設計するための研究に触発されました。
洪水の影響を受けた地域に住むトレッカーや人々を救う為です。Thuanと彼の市経済学部の友人や同僚からなる5人チーム(C-TEKチーム)は、今年3月に国内でジャケットデザインを製造し始めました。
ジャケットはダナンスタートアップ2017で1位を獲得し、アイルランドのコーク工科大学で4週間のトレーニングコースを終了しました。

「私たちのチーム、私たちの大学の3人のメンバー、そしてダニーの2人、他の人とダナンの建築大学はダナンスタートアップ2017でSleepJをデビューさせるのに3ヶ月かかりました。でも私の故郷ダナンのApecでダナンを代表する事ができて、とても光栄です。」とThuanはVietNam Newsに語りました。

「私とLy Thu Uyenは布をデザインしてカットするのに時間を費やしましたが、他の人はジャケットのさまざまな部分で作業しました。ダナン生まれの学生は、ジャケットの他の機能を含むデザインを考えることは特に時間がかかると言いました。
モーターバイクで旅行する旅行者は、テント、寝袋、バックパックを長時間に渡って旅する事が多いといいます。自転車で重い荷物を運ぶことは不便です。
SleepJの最初のサンプル(約US $ 22)はオフロードトリッパーではかなり合理的ですが、離れた山間部に住む貧しい人々や洪水に脆弱な人にとっては高価かもしれません。

「ベトナム中部の雨季や暴風雨の季節に家が洪水によって流されたとき、ホームレスと仮設施設の不足に苦しんでいる住民を目撃しました。その悲劇は、災害犠牲者のために安くSleepJを作るように私たちに促しました」とThuanは言いました。
「将来のエイペックス・ボイス・オブ・ザ・フューチャーは、ベトナムなどの被災地の貧困層のための多目的ジャケットの大量生産に関する投資家とアイデアを交換する絶好の機会だ」と述べます。
AEPイベントに参加しなかったC-TEKチームのメンバーであるUyenは、SleepJはバックパッカー、ホームレス、夜間船員、洪水被災住民に非常に便利だと語りました。
現在、C-TEKチームはSleepJの基盤にあるジャケットやその他の製品に小型の蚊避け装置を組み込んでいます。
多目的ジャケットの開発に加えて、Thuanはダナンを訪れる外国人観光客に現地ガイドを提供するツアーガイドプログラム「ダナンフリーウォーキングツアー」も開催しました。このプログラムは、ダナンとベトナム中部の観光客へのおもてなしを促進しながら、若い学生が英語のコミュニケーションを実践する機会を得ることを目指しています。

ベトナム国家観光局(National Tourism Administration)の統計によると、バックパッカーとオフロードの旅行者は、同国の観光産業からの収入の18.4%を占めています。Thuanは、Apec Voices of the Futureのイベントが彼の製品が成長する事を助けてくれるとを願っています。ダナンは起業家製品へのアイデアを開発するチャンスを求める若者のための独自のビジネスインキュベーターキャンペーンを開始したことに興奮しています。彼は、SleepJはプロトタイプとして完成したばかりであり、ベトナムや海外市場で販売される前に、より多くの作業が必要だと述べます。

フーコックは次のプーケットとして選出されました。

ベトナムはプーケットがタイ最大の島、世界観光マップに掲載すると再認識しております。タイ南部のリゾート地の島よりほんのわずか大きいティアドロップ型のフクオックは、ベトナム外の観光客にとって新しい場所です。カンボジアから15キロしか離れていない、北海岸島のインフラストラクチャーは、プーケットのインフラよりはるかに未発展です。これは島に対し観光客向けのセールスポイントなのです。プーコックは数十年前のプーケットのように、いくつかのホテル経営者が驚異的な速さで観光関連の開発を進める説明し、激しく激変しています。プーコックは、大規模な観光、特にハイエンドの国際的な休暇を目的とする成功を時間をかけて競っています。地元当局は、Phu Quocのホスピタリティー開発は、活況をしいておりタイのDusit Internationalグループを含む8つの国際ブランドホテルとリゾートが3~4年で3800以上の新しい客室を設ける予定です。Sol Beach House Phu Quocのマネージャー ラウル・マテオ氏は、このような成長はインフラを支え、実際の需要と共有に合わせるにはペースが速すぎると述べています。プーコックのホテル客室には、既に不具合が出ており、10000部屋のうち40~50%のみが利用可能とマテオ氏はバンコクポストに語りました。しかし、プーコックは東南アジアの新しいリゾート地として不動産と観光業界の間で楽観的な見解を強くしています。27ホールのゴルフコース、カジノ、本島とホムトム島を結ぶ8キロのケーブルカー等の観光インフラ数十億ドルの投資が流れました。

地方政府当局者は、プーケットとバリ島の間にプーコックを配置する事を熱望しています。ベトナム政府統計局によると、同国全体の来訪者は、今年の9か月間で28.4%増し、940万人に達しました。このうち、約700万人はアジア人で半数以上が韓国、中国でした。昨年、ベトナムの国際入国者数は前年比26%増しの1000万人を超えました。2020年までに、社会主義国家、観光業の目標350億ドルを創出し、GDP 推定10%に寄与します。プーコックへの、外国人訪接続はを問者引き出すために、30日間滞在する外国人へのビザ免除政策が導入されています。その間、島はベトナム政府の特別経済区に命名され、開発促進し、観光アジェンダを推進する基盤を作りました。ベトナムの計画は、プーケットの野心的な経済目標を25~30%に設定しています。

プーケットとの現在の国際線接続は国際産業の幹部からは、到着便数があまりにも少ないとみなしています。Tui Travelのようなツアーサービス会社によって運営されているチャーター便が、ヨーロッパとプーコック間、冬季フェリー運航しています。
プーコックを運行する国際航空会社は、旗艦会社ベトナム航空が過半数を保有する中国南部空港とジェットスターパシフィック航空が含まれています。ベトナムの低コストキャリアベトナムとベトナム航空は、ベトナム本土からプーコックへ頻繫に運行しています。プーコックの観光産業は、バンコク航空とバンコクの間でノンストップサービスを開始し、観光産業促進計画に恩恵をもたらす事を歓迎します。タイの首都はこの地域の事実上の航空拠点であるため、プーコックの観光地にとって直接的で頻繫な直接リンクは、プーコックの観光の主要な推進要因となる、とメリア氏は述べます。バンコク航空は10月29日にバンコクのスワンナプーム空港からプーコックへ定期便を開始し、70便のATR72-600ターボブロックを週4便で開始します。バンコク空港は、スワンナプームでの乗り継ぎ便を持つエアフランス、KLM、ブリティッシュ・エアウェイズ等の24のコードシェアパートナーが運行する長距離便からプーコックへの旅客輸送を試みています。

バンコク空港のセールス担当副社長バロン・イスラセナ氏によると、プーコックサービスへの最初の対応にへ奨励されております。各フライトで平均70~80%の座席利用があると言われてます。バンコク航空のプッタティン・プラサートン・オオス会長は、プーコックへの就航頻度を増やし、次年度には高容量機材の導入可能性を述べました。業界幹部らは、プーコックはプーケットのパリティを得るまでには長い道のりがあると語りましたが、ベトナムは事業に取り組もうとしています。

長い間ベトナムの人々と生きる

戦争を経験して生きる人達は、残りの人生の間、不安や恐怖の影響を受けます。彼らはしばし、心と体が壊れて戻ってきます。彼らの傷跡は見えないかもしれないが、非常に多いです。
私もその一人です。ベトナムの兵役経験者として、以前の敵戦闘で殺された全ての人、国の歴史を知らない人たちに対し悲しく思います。退役の日、私はベトナムについて考えるのを止める事が出来ませんでした。
戦争はテストステロン駆動の虚弱すぎることによるバーの喧嘩のようなものでした。兵士や一般市民の死や、負傷、精神的苦痛を招いたが、アメリカの政治家や軍事指導者の知恵はなかった。私達の軍隊は、ベトナム人380万人を殺し、更に570万人の負傷者を出し、数千の病院や学校を爆破し、田舎にたくさんのエージェントオレンジ(枯れ葉剤)を撒きました。
それは何も終わっていないと学びました。失われた愛する人たちへの悲しみと苦痛だけが残りました。

アメリカの精神はいつでもどこでも何のためにも戦うように毒されてます。私達、若い兵士にとってボランティア軍は多くの人を雇い、召集は必要なく、悲しい成功なのです。私達、若い兵士にとって、戦争は仕事と家族の絆から離れ、日常の世界では不可能な、激しく恐ろしい経験です。とりわけ、戦争は武器販売と軍事産業団地の利益にとっても良いです。

なぜ、アメリカの若い兵士たちは、自国を守っている人々を殺す為に送られたのです?彼らの計画は、ベトナム人を「文明化」し、共産主義を憎み、資本主義を受けさせることでした。彼らがCurtis Le May将軍の「石器時代に戻す」という言葉があります。アメリカのリーダーシップは無力だけでなく、不道徳でした。私達の政府は、ベトナムの共産主義者を致命的な脅威と描写しています。私達の嘘や宣伝を信じさせる為にかなりの時間をかけました。実際には、彼らのほとんどはフンボルト群のような農家でした。彼らは適切な心を持つ勤勉な人で、彼らの忠誠は彼らの家族とその土地にあります。

アメリカ人と違って、ベトナム人は政治、世界支配、または、ドミノ理論に興味がなかったのです。
彼らは自分の畑を耕し、良い作物を持ち帰りたいだけです。事実、私達がベトナムについて語ったほとんどすべてが選出された当局の意識的な嘘でした。第二次世界大戦以来、私達はいじめの対象となることによって「世界警察」の役割を誤りました。小さな国が私達の発言を拒否するとき、「取り除く」ことについて喜びはありません。私達は、明日がないような飽くなき食欲で地球を奪回している腐敗団です。私達の指導者たちは、残念な決断と私達がベトナムで引き起こした悪意のある破壊について決して謝罪しません。しかし、そこに奉仕した多くの人は帰国する前から謝罪を始めました。

10年の戦闘による被害は、その役目に関わらず、全ての退役軍人に重き記憶を与えます。戦争の遂行は、私達が政府の財産品を売却した事を認識し、ほかの人間を殺害する事を正当化できるものが何もないとわかった時のみ終わるでしょう。
ベトナム戦争の大きな教訓を忘れないように頼むのはなぜです?
私は、アメリカが戦争の恐怖を直接経験した後で、ここ自宅でより賢くより同情的な国になると信じ始めています。
ベトナム戦争は失われました。なぜなら、中国人とフランス人と戦った人々は、アメリカ人が彼らの独立を革新するために戦うことを以上に喜んでいたからです。北ベトナムの勝利がアメリカに重大な脅威となる事はなかったので、戦争は終息しました。共産主義者の支配権がなくなったかどうかは、国家安全保障とは完全に無関係です。私達の国は本当に、ベトナムと戦いたくなかったです。アメリカの兵士はそこにいたくなく、私達の市民も、そこにいてほしくありませんでした。私達は死と軍の滅亡、飢餓に恐れました。決して戦争に再び参加してはなりません。アメリカ人がまだ戦争が遠い幻想であると信じている理由が理解できません。ベトナムは、イラクとアフガニスタンのように、今後数年間アメリカを襲う道徳的な悲劇でした。我が国はうまくいくが軍事介入が最後の手段であることを認識し始めなければならないです。私達がいつか、私達全員が、私達を未来の無意味な戦争に導くようなものと一緒に立つことを願っています。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén