戦争を経験して生きる人達は、残りの人生の間、不安や恐怖の影響を受けます。彼らはしばし、心と体が壊れて戻ってきます。彼らの傷跡は見えないかもしれないが、非常に多いです。
私もその一人です。ベトナムの兵役経験者として、以前の敵戦闘で殺された全ての人、国の歴史を知らない人たちに対し悲しく思います。退役の日、私はベトナムについて考えるのを止める事が出来ませんでした。
戦争はテストステロン駆動の虚弱すぎることによるバーの喧嘩のようなものでした。兵士や一般市民の死や、負傷、精神的苦痛を招いたが、アメリカの政治家や軍事指導者の知恵はなかった。私達の軍隊は、ベトナム人380万人を殺し、更に570万人の負傷者を出し、数千の病院や学校を爆破し、田舎にたくさんのエージェントオレンジ(枯れ葉剤)を撒きました。
それは何も終わっていないと学びました。失われた愛する人たちへの悲しみと苦痛だけが残りました。

アメリカの精神はいつでもどこでも何のためにも戦うように毒されてます。私達、若い兵士にとってボランティア軍は多くの人を雇い、召集は必要なく、悲しい成功なのです。私達、若い兵士にとって、戦争は仕事と家族の絆から離れ、日常の世界では不可能な、激しく恐ろしい経験です。とりわけ、戦争は武器販売と軍事産業団地の利益にとっても良いです。

なぜ、アメリカの若い兵士たちは、自国を守っている人々を殺す為に送られたのです?彼らの計画は、ベトナム人を「文明化」し、共産主義を憎み、資本主義を受けさせることでした。彼らがCurtis Le May将軍の「石器時代に戻す」という言葉があります。アメリカのリーダーシップは無力だけでなく、不道徳でした。私達の政府は、ベトナムの共産主義者を致命的な脅威と描写しています。私達の嘘や宣伝を信じさせる為にかなりの時間をかけました。実際には、彼らのほとんどはフンボルト群のような農家でした。彼らは適切な心を持つ勤勉な人で、彼らの忠誠は彼らの家族とその土地にあります。

アメリカ人と違って、ベトナム人は政治、世界支配、または、ドミノ理論に興味がなかったのです。
彼らは自分の畑を耕し、良い作物を持ち帰りたいだけです。事実、私達がベトナムについて語ったほとんどすべてが選出された当局の意識的な嘘でした。第二次世界大戦以来、私達はいじめの対象となることによって「世界警察」の役割を誤りました。小さな国が私達の発言を拒否するとき、「取り除く」ことについて喜びはありません。私達は、明日がないような飽くなき食欲で地球を奪回している腐敗団です。私達の指導者たちは、残念な決断と私達がベトナムで引き起こした悪意のある破壊について決して謝罪しません。しかし、そこに奉仕した多くの人は帰国する前から謝罪を始めました。

10年の戦闘による被害は、その役目に関わらず、全ての退役軍人に重き記憶を与えます。戦争の遂行は、私達が政府の財産品を売却した事を認識し、ほかの人間を殺害する事を正当化できるものが何もないとわかった時のみ終わるでしょう。
ベトナム戦争の大きな教訓を忘れないように頼むのはなぜです?
私は、アメリカが戦争の恐怖を直接経験した後で、ここ自宅でより賢くより同情的な国になると信じ始めています。
ベトナム戦争は失われました。なぜなら、中国人とフランス人と戦った人々は、アメリカ人が彼らの独立を革新するために戦うことを以上に喜んでいたからです。北ベトナムの勝利がアメリカに重大な脅威となる事はなかったので、戦争は終息しました。共産主義者の支配権がなくなったかどうかは、国家安全保障とは完全に無関係です。私達の国は本当に、ベトナムと戦いたくなかったです。アメリカの兵士はそこにいたくなく、私達の市民も、そこにいてほしくありませんでした。私達は死と軍の滅亡、飢餓に恐れました。決して戦争に再び参加してはなりません。アメリカ人がまだ戦争が遠い幻想であると信じている理由が理解できません。ベトナムは、イラクとアフガニスタンのように、今後数年間アメリカを襲う道徳的な悲劇でした。我が国はうまくいくが軍事介入が最後の手段であることを認識し始めなければならないです。私達がいつか、私達全員が、私達を未来の無意味な戦争に導くようなものと一緒に立つことを願っています。