ベトナムで就職を実現させるための失敗しない方法が幾つかあるので紹介したいと思います。
まず一つ目は、こちらはベトナムに滞在していない人には特になのですが一度は必ずベトナムにきた方が良いです。
観光で来ると住むとは、結構イメージが違うので、シンガポールを除く東南アジアに1ヶ月以上滞在したことがあれば問題ないのですが、旅行程度の1週間程度であれば思い描いていたものとのギャップが凄いです。ギャップに対して楽しめる方であれば、逆に来ない方が新鮮かも知れません。私は後者です。
二つ目は、ベトナムに長期滞在をすることを見据えてベトナム生活情報について調べることが良いと思います。現地にいけば手に入ると考えて、結局なかったってことがないように万全の準備をしておく方が良いです。
三つ目は、ベトナム就職に必要な準備をする。これは就職が決まってからでも遅くはないのですが、会社によってはすぐに働いて欲しいというところも少なからずあります。そのため、就職時に必要な書類を用意しておく必要があります。なぜ必要になるかというのは海外で日本人が就職する際には労働ビザ(ワーキングパーミット)を取得しないと法律的に働くことは出来ません。必要な書類とは日本での前科記録(犯罪歴証明書が正式名ですが、無犯罪証明と言われることが多い)、大学の卒業証明書または技術者の場合は専門学校での1年以上の訓練を証明するものと職務経歴書、これらが求職者自身が用意しないといけないものです。前者の犯罪歴証明書はベトナムでも取得が可能ですが、取得には1ヶ月〜1ヶ月半かかるため、2週間程度で取得できる日本で取得している方が良いと思います。(労働許可証取得の詳しい情報はコチラを参照してください)
四つ目は、自分にあった求人情報を見つける力を養う。海外の求人情報はベトナムも含めて多くの求人情報が1年中出ています。求人情報によって記載されている条件などは異なります。その中から自分にあった求人情報を見つけるのは至難の業です。海外、特にアジアの求人情報サイトはカモメアジア転職を利用して見つけるのが良いと思います。
五つ目は、四つ目が面倒だと考える人向けになります。その方法は人材紹介会社に登録することです。人材紹介会社の選び方は別の記事に書きますが、簡単に良い人材紹介会社を見つける方法があるので紹介します。それは日本で有名なところよりもベトナムで古くからやっている人材紹介会社を選ぶことが良いです。ベトナムの人材紹介会社で10年以上と古いのはキャリアリンクベトナム、アイコニックベトナム、GAコンサルタントの3社になります。他は5年未満のところが多いです。